結之介の戯言

このblogは“結之介”が運営しています。日頃、感じた事を気の向くまま書き溜めております、コメントやトラックバック大歓迎です。

このページの記事一覧
暴力コンビニ店員
暴力コンビニ店員…そ・れ・は、小生、結之介です
小生が勤務するコンビにはトイレのご利用OKなのです、
あっ、食事中および間食中の方は食べ終わってから読んでください
「TOILET」と書いてあるドアから実際の小部屋に入るまでに
2メートルほどの通路があるのですが、日付が変わって1時ごろ
だったかな、小生がトイレで用を足そうとすると始めのドアの
音がして小生が用を足す前に個室の外から用を足してる音が…
小生がドアを開けると通路で浅黒系のアジア人がしてるんですよ
小さい方を…一瞬唖然とした小生、口から出た言葉は「何しとんじゃ
コリャァ」しかも相手は外人。しかし、この浅黒系のアジア人が
答えました!!日本語で「あとで、そうじするから」ですと
するわけねぇだろうと思った瞬間、蹴りを食らわせておりました
1発蹴ると何発でも同じであります、5・6発は蹴ってでしょうか
しかし、小さい方は止まらずしっかりやり終えて浅黒系のアジア人は
走って逃げました。
ま、この事件。店員が客に暴力を振るったわけですが、こういう
非常識人間の場合どうなんでしょう?会社側としてはだめでしょうが
小生としては相応の行動のつもりです、相手は飼い犬以下の行動を
したわけですから、この件で会社から処罰があっても受け入れる
準備はしております、結之介と会社の意見の相違ですからね、 仕方のないことです。
諸先輩の中には「甘いよ」「我慢が足りんよ」という方が
おられると思いますが、「NOという人間」と「NOと言わせない
日本社会」の違いです。
それにしても、アジア系に限らず、日本で生活をしている
各国の方、特にラテン系、アフリカ系、浅黒のアジア系、ロシア
アメリカの“旅の恥はかき捨て”的な生活はやめてほしいものです
| comments(0) | trackbacks(0) | [戯言雑記]コンビニ店員 | TOP↑ |
友好を築けない中国人
結之介のバイトするコンビニには珍しく中国人も勤務している。
早番、中番、夜勤と各時間帯に中国人が働いている、昨年の12月夜勤に二人の中国人が入ってきた、その一人に中人(仮名)君がいる。
コンビニで働けるといっても日本語が堪能ではない、日本の文字も完全に頭には入っていないレベルである。
レジ打ちは通常バーコードをなぞり金額が言えて販売用語が言えれば通常問題はない。
日本語レベルが低いという事は仕事を教えにくい・時間かかるという事になる。バイト先のコンビには懇切丁寧に教える時間がないのが実情で
10の事を30位に分割しないと理解できない中人君にはすべての仕事を教えている時間がない。
それはそれで仕方が無いので問題はないのだが、中人君が入ってきたから教え込んでいる事もいくつかある。そのうちの一つに仕事の進め方がある。
小売業は物を売る他に「物を売るための仕事」がある納品処理である、
バイト先にコンビには来店数が多い夜勤でもかなりの来店数で都内でも上位に位置する。
よってなるべく時間をかけずに納品処理をして売り場を作るかが要になる。
商品にかかる時間は削れても、接客の時間は削れないからである。
その納品処理の仕方を何回教えても覚えてくれないのが中人君である。入ってきてからすぐに教え機会のある毎に教え、
先月からは毎週教えている同じことを。しかし覚えてくれないのが中人君である。教えているてる内容は難しいものではない。
小学上級であれば理解できる話で実行すれば納得でき、楽もできる内容である。それができない中人君。
結之介の感に袋が切れました、思いっきり怒鳴りました「毎週毎週同じ事を言わせるなよく飽きねぇなこのやろー」と。
それから、約30分後の事である中人君が切れました結之介を半ば強引に事務所に連れ込み
結之介の顔を鷲掴みにし何かを言った、その場では興奮した中人君の日本語は意味不明だったが後で
「お客の前で自分(中人)をしかるな」という内容だと理解した、
ついでに中人君「アナタコロスヨ、ワタシ、アナタコロスヨ」と結之介に言い放ったのである。
「お客の前で自分(中人)をしかるな」というのは日本流に言えば「人前で恥をかかせるな」という事である。
中国人は人前である物事に対して咎められると当事者以外の人間が赤の他人であっても面子をつぶされたと感じる国民である。
その事は、結之介は知っておりました。伊達に中国語の勉強をしているわけではありません。
しかし、この中人君いままで少なくとも7回以上、同じ内容を、同じ場所で、身振り手振りで教えても覚えないのである。
それを、時間がたって違う場所で言ったところで覚えるとは思えないのだが、
自分の反省の前に自分が受けた被害を前面に出す。
これはアジア、特に東南アジアの人々に良く見られる行動です。
自分がした事を客観的に見られなのである。考えを持って行動していない証拠である。
しかも中人君の場合、仕事である毎週同じ事を聞いているにも拘らずである。
バカである意識を持って仕事ができないやつは本当に迷惑である。
しかも、結之介が怒鳴った事で中人君の面子がつぶれたと思うのは中国人の考え方で人前で叱咤するなというのは中国人のルールである。
中人君と結之介が働くコンビには東京都港区である、そう日本です、しかも日本人の会社で特にチャイナタウンでもない普通の日本のコンビニである、
そこへ働かせてくれとやってきて中国人のルールを盾にするという行為はどうかと思う。
これは中国人に限らず日本人でもよその国に行けばその国のルールにー従うのが当然ではないだろうか?
中人君が言っている行為は日本の商店で10万円買い物をして10万円分の人民元で買い物を強行してるのと同じで無理な話なのである。 朝の休憩時間を割いて結之介は中人君に話ました。
日本で、日本人の会社で働くのなら中国人のルールを持ち込むなと、
どうして今日怒鳴ったかを、すると中人君はこれまで結之介が教えていた内容がわからなかったと言いました。
本当のバカである。もし言葉通りならわからない事をハイハイと言いながら仕事を理解しなかったか、
もしくは自分の仕事の後先を考えず、自分がやりたいことを時間をかけて意味のない作業を繰り返していた事になる。
ハイハイと言われれば理解したものだと思い、同じ間違いをしてればイライラするだけで迷惑千万である。
仮に中人君の言葉が一時しのぎのセリフだとすれば確信犯である。人の言う事を理解しようとしないバカである。
こういう中国人を見るたびに中国語の学習者としてはいやになると同時に
今、知っている中国人が同類に思える事がかわいそうになる
在日中国人は彼のことをどう思うのだろう、中人君を同胞として許し日本人を非難するのだろうか?
今回も中人君は最後に分かりましといった。その後こう付け加えました「デモ私中国人デ自分ノヤル方法アリマスカラ」と
要は、理解しようとしてないのである、中人君は本当のバカなのだ。
しかも、結之介の顔を鷲掴みにし言い放った「アナタコロスヨ、ワタシ、アナタコロスヨ」に関しては、
訂正も謝罪もせずほくそえんでおりました。
ここで中人君は嘘つきである事を自分で認めた事になります。 この一件は、店長には報告したのでそのうちバカで嘘つきの中人君は干される事になるでしょう。
日本にいながら日本を理解しようとしない外国人をよく見聞きしますが
何の目的で日本にいるのでしょう?ただ金儲けだけであっても日本を理解しなければ継続できない気がしますが…。
ま、ノーと言えない日本人が、そんな外人を許しているのかもしれませんが。

そんな事で、このBlogサイトが50日以上、サイト「結之介の居所」が150日以上更新が無い時は結之介は中人君に殺害されたものと思ってください。
中人君が大バカの名は返上できないとしても、
嘘つきというレッテルは結之介を殺害する事によって返上できますから。
| comments(8) | trackbacks(0) | [戯言雑記]コンビニ店員 | TOP↑ |
コインの使い方
お客様の中に「小銭の鬼」がいる。
たとえば385円のお買い上げの場合
100円玉2枚、50円玉3枚、10円玉3枚、1円5枚という具合、 この程度だと許容範囲であるが、問題はこの後である。
コインを金種・金額に関わらず5枚以上のコインを出す場合、
手渡ししようとする、これが迷惑である。
袋詰めしている間にカウンターに出してもらうと金額を目で追えるのである、
それが、時間の短縮につながりレジがスムーズに流れる。
コインを受け取って金額を確かめる、この数秒が貴重である。
短いように思えるこの数秒、つり銭の要らない1品買いのお客様なら2人は< さばけるのである。
忙しいときなど、1時間に180人前後を2人でさばくのである。
3秒でも5秒でも惜しいのである。 しかし、コンビで1円玉、10円玉、100円玉を5枚以上、
5円玉、50円玉、500円玉を2枚以上だす人は、普段はどんな会計をしているのだろう?
よそで、コインを溜め込んで忙しい時間にわざわざ後ろの客を待たせてコンビニでコインの処理をするのである、迷惑である。
つわものは1円玉と5円玉、専用のコインケースから出してくる社会の迷惑である。

結之介は「結之介の居所」を運営しております。
| comments(0) | trackbacks(0) | [戯言雑記]コンビニ店員 | TOP↑ |
両替は可能な限りいたします
お客様とコンビニ店員結之介の会話

お客様(女)「両替してください」千円札を差し出す。結之介「かしこまりました」千円札を受取る。

しばしの間、結之介、お客様(女)と目が合う。

結之介「どのように両替しますか?」

お客様(女)「え、え〜とね500円2枚、アッ違う500円と100円」

バカである。

「両替してください」とお金を出せばくずれると思っている、10円玉2本でもいいのだろうか?

それとも、結之介をゲーセンの両替機とでも思っているのだろうか?しかもタメ口。社会の迷惑である。

| comments(0) | trackbacks(0) | [戯言雑記]コンビニ店員 | TOP↑ |