結之介の戯言

このblogは“結之介”が運営しています。日頃、感じた事を気の向くまま書き溜めております、コメントやトラックバック大歓迎です。

<< 5連休初日 高速道で一時40キロ超の渋滞 | main | 迷惑メール:privacy@whoisprivacyprotection.infoその2 >>
このページの記事一覧
迷惑メール:privacy@whoisprivacyprotection.info
小生のケータイとメーラーに着信するスパムメールの張本人は
privacy@whoisprivacyprotection.info
という人物らしい。

ドメイン「whoisprivacyprotection.info」を
ムームードメインで取得し、ロリポップで
「whoisprivacyprotection.info」でサーバをレンタルし、
メール専用として利用しているようです。
参考資料

ということは、ムームードメインとロリポップには
whoisprivacyprotection.infoの馬鹿所有者の情報はあるということです。

privacy@whoisprivacyprotection.info
のメールアドレスで数多くのドメインを取得し
エックスサーバーさくらインターネット自社サーバ等
アダルトサイトを運営しているようです。

ドメインwhoisprivacyprotection.infoの馬鹿所有者が
スパムメールに掲載しているドメインは小生が確認しているものは
pinky-popper.net
omoikiri-cube.net
mixx-time.net
king-luv.net
more-e-more.net
rip-juce.net
kabubu.net
chirokun.info
sweet-rip.net (09.09.11追加 タイトル:千佳子様専用窓口)
velved-eyes.net (09.09.11追加 タイトル:セフレ会)
atsui-inn.net (09.09.12追加 タイトル:千佳子様専用窓口)
miracle-eyes.net (09.09.13追加 タイトル:裏SEXクラブ・土屋 美帆)
dope-loop.net (09.09.13追加 タイトル:禁断サークル・川嶋 美咲)
free-rips.net
(09.09.14追加 タイトル:最重要ご報告・SEX逆援助関係パートナー正規ご紹介機関)
です。

この馬鹿所有者をネット上で追跡すると
こんなブログに辿り着きました。
このブログによると
スパムメールに掲載されていたURLは
「http://accesscounter.info/」。
このスパムメール配信停止を希望する場合は
delivery@l-appli.jpまでご連絡下さい。とのこと。

そこで、ドメインl-appli.jpを調査すると出てきました。
ドメイン情報ここから(2009.09.10現在)―――――
Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] L-APPLI.JP
[登録者名] 株式会社クレア
[Registrant] kurea co. corporation
[Name Server] ns.g-name.net
[Name Server] ns2.g-name.net
[登録年月日] 2009/05/16
[有効期限] 2010/05/31
[状態] Active
[最終更新] 2009/05/19 12:00:03 (JST)
Contact Information: [公開連絡窓口]
[名前] 株式会社クレア
[Name] kurea co. corporation
[Email] info@eternal-ltd.co.jp
[Web Page]
[郵便番号] 541-0053
[住所] 大阪府大阪市
2-2-14 honmachi chu-o-ku
[Postal Address]
[電話番号] 080-1071-1179
[FAX番号]
ドメイン情報ここまで―――――

この情報にあるg-name.netを調査していくと
ドメイン発行も サーバ運営も海外になる。

電話番号が携帯なので個人経営かヤバいことをしている意識があるのだろう。
登録住所は存在し、雑居ビルかマンションかは不明だが
建造物は存在する。

このprivacy@whoisprivacyprotection.infoの持ち主は
まったく公開、登録したことのない小生の携帯メールに
送信してくるので、かなり悪質である。
ここまで、情報が揃えばサイバーポリスに動いてもらいたいものだ。
「privacy@whoisprivacyprotection.info」についての解説を
数年前からコメントで頂いている。
どうも、ドメイン管理システム上、使われている、まぁ知る人ぞ知る
メールアドレスらしい。
スパムメール配信者のメールアドレスではないことは確からしい、
同時に、このメールアドレスでスパムメールが小生のメーラーに
着信したのも事実である。
このメールアドレスに興味のある方はこの記事のコメントを
お読みいただきたいと思う。
この記事を掲載した当時。このメールアドレスの素性を
確認できてなかったことは、取材不足であったことは事実である。
| comments(4) | trackbacks(0) | [迷惑な人々]携帯メール | TOP↑ |
コメント
記事の書き換え希望

privacy@whoisprivacyprotection.info
このメールアドレスはたとえばVALUEに登録されているドメインの持ち主が Whois情報を個人情報として公開したくない場合のメールアドレスです。

そしてこのメールアドレスはあくまでプロキシなのでドメインの持ち主にコンタクトを取りたいスパマーがこのメールアドレス宛てに ドメイン名を含めてメールを送る、とサーバーが自動で登録者にメールを振り分け、スパムメールが届く、という仕組みです。
URL登録があればこちらからアクセスできます⇒| mai boivin | 2015/12/07 11:56 AM |

小生はこの時期、privacy@whoisprivacyprotection.infoというメルアドの存在を知りませんでした、はい。。
URL登録があればこちらからアクセスできます⇒| 結之介 | 2011/05/06 9:49 PM |

>>masanori氏
ドメインチェックサービスを探してて偶々辿り着いたのですが…。
当該記事や関連記事読んでて「?」でしたけど、やはりそうですよね。
古い記事みたいですが、この頃の記事運営者がドメイン取得者のwhois個人情報保護サービスを
単に認知してなかっただけでしたか。
URL登録があればこちらからアクセスできます⇒| hahaha | 2011/05/06 8:48 PM |

今さらなのですが。
privacy@whoisprivacyprotection.infoは、
ドメイン取得サービスで、WHOIS情報代行サービスのメールアドレスですよ。
ムームドメインなどでドメインを取得して、WHOIS情報代行サービスを利用すると、
WHOIS上のメールアドレスはすべて、
privacy@whoisprivacyprotection.infoになります。

WHOIS情報代行サービスとは、
そのドメインのWHOIS上の情報に、
WHOIS情報代行サービスの運営会社(通常はドメイン会社)の情報を代行して提供するサービスです。
普通の個人のウェブサイトを運営するときなどに、
個人情報をさらけ出したくない場合などに使うサービスであり、
なんらおかしなサービスではありません。

ですから、WHOIS上のメールアドレスが、
privacy@whoisprivacyprotection.info
になっているドメインは幾らでもあります。
(私もドメインを取得して、ウェブサイトを運営していますが、
このWHOIS情報代行サービスを利用しているので、WHOIS上では、このメールアドレスになっています。)
URL登録があればこちらからアクセスできます⇒| Masanori | 2010/03/06 12:09 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.younosuke.com/trackback/902290
この記事のトラックバック一覧