結之介の戯言

このblogは“結之介”が運営しています。日頃、感じた事を気の向くまま書き溜めております、コメントやトラックバック大歓迎です。

<< 補正予算削減額、さらなる積み増し求める | main | 中国、ロシアの高速鉄道建設をサポート >>
このページの記事一覧
国際ハブ空港より国内線をハブ化してみては?
この2日で空港に関する問題が持ち上がっている。 そのニュースとは で、始まった この発言。これに怒り奮闘の なんとか鎮めようと、この人の会見。 この御三方の間で国際ハブ空港に関して見解に相違があるように思うのは
小生だけだろうか?

それより、なにより、なぜこの時期に国際化なのかわからない。
韓国や中国に負けたくない気持ちは分からなくはないが
時代は変わるものなので、威勢を張らなくてもよいのではないだろうか。

日航の問題もあるので、まずは日本国内を整理してはいかがだろうか?
小生、一昨年東京から徳島まで飛行機を利用したが
はたして、直行便が必要なのだろうか?
フライト時間を調整して、日本国内なので滑走路内での乗客の誘導と
手荷物管理を確実に行えば関空経由でも十分便利な気がするのだが
福岡、関空、羽田、新千歳の各空港を国内ハブ空港として
そこから各府県市に小さい飛行機を飛ばせば、国内線も活性化するのではないだろうか。
空路VS線路のように云われることもあるが乗車時間が3時間以上であれば
飛行機の方が快適なのは言うまでもない、あとは料金が下がりと空港に入って
搭乗、離陸までの時間が短縮されれば陸路には負けない乗り物であると思うのだが。
| comments(1) | trackbacks(1) | [世の中の出来事]日本 | TOP↑ |
コメント
前原誠司国土交通相が言っているように、地方空港は韓国の仁川空港をハブ空港として使っている。羽田空港の滑走路が足りないから。
来年には羽田空港に第四滑走路ができるが、そりでも滑走路が足りない。速やかに、第五滑走路を作り本格的なハブ空港としてもらいたい。
利便性が向上するだけでなく、国益となるものである。
URL登録があればこちらからアクセスできます⇒| 道草 | 2009/10/13 8:22 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.younosuke.com/trackback/917028
この記事のトラックバック一覧
羽田空港
空港の特別会計 どう動く ‎10 時間...
| なみの出来事 | 2009/10/13 10:16 PM |