結之介の戯言

このblogは“結之介”が運営しています。日頃、感じた事を気の向くまま書き溜めております、コメントやトラックバック大歓迎です。

<< 日航 冬のボーナス全額カットで組合と交渉 | main | 新型インフルによる世界の死者、6000人超える WHO >>
このページの記事一覧
政権変わっても、やることは同じ
日本の政治は誰がやっても同じのようですねぇ
国内予算でも赤字国債を発行しないと組めない状態なのに
今後維持できるかどうか分からない「東アジア共同体構想」に
今後3年間で5000億円以上の援助金だそうです。

これでまた、今後3年間で5000億円以上で赤字国債が発行決定です。

アジアには、金銭的施しを受けることを相手に負担をかけていると思わず
当然のことと解釈する民族がいることを鳩山さんはご存知なのでしょうか?
日本にも空を飛ぶ金銭的施しを受けることを当然のことと解釈する民族がいますよね。

この施し金、支払った翌日から元金と金利が日本国民の十数年にわたる
借金として残ることを施し金を渡す側も受け取る側も理解しているのでしょうか?


こちらも、借金が増える原因を増やしています。
ノーと言えない日本が未だに健全であるとアメリカに意思表示したのと同じ格好です。
簡単に言いかえれば
いじめられっ子がパシリをするのが嫌でお金で解決するのと同じでことですね。
属国日本ここに健在です。

補正予算見直しや刷新会議で公共事業を見直しても
金銭外交が健在では、赤字国債も減りませんわな。

ヤハリ政治家の頭の中は、あいつもこいつも同じなんですね。
これで、日本政治は誰がやろうと、同じで
根本的に日本が健全な国家にはする気がないことが日本国民には
わかってきたのではないでしょうか?
| comments(0) | trackbacks(0) | [世の中の出来事]アジア | TOP↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.younosuke.com/trackback/920640
この記事のトラックバック一覧