結之介の戯言

このblogは“結之介”が運営しています。日頃、感じた事を気の向くまま書き溜めております、コメントやトラックバック大歓迎です。

<< 日米間のオープンスカイ、利点と欠点は | main | アバクロンビー&フィッチ、アジア第1号店が銀座にオープン >>
このページの記事一覧
防犯カメラの役割


このような利用をして「防犯カメラ」としての役割を果たすのではないだろうか。
ただ、カメラが設置してあるだけでは犯罪抑止にならないほど、
社会人としてのモラルがなくなった日本人が多くなった現在では
こうした使われ方が当然なのだろう。

万引きから銀行強盗、路上の殺人まで犯人が捕まらず、映像があるものに関しては
どんどん公にすればいい。

ただし、顔が似ているだけで通報されたので迷惑だ。
というクレームはしないようにしたい。
犯人でないと判ればそれはそれでいいのである。
犯人と誤解されたからといって人権云々は無しにしてほしい。
| comments(0) | trackbacks(0) | [世の中の出来事]日本 | TOP↑ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.younosuke.com/trackback/920686
この記事のトラックバック一覧